0155-47-3000受付時間 9:00-18:00(土日祝を除く)

建築コラム

COLUMNS

建築コラム

サイディングが与える第一印象
2023.06.24

こんにちは!北海道帯広市の建築設計会社「株式会社 総合設計」です。

 

サイディングは家の第一印象を決め、素材や張り方により様々です。

今回は、最近主流の窯業系サイディングと金属系サイディングの2種類と張り方による違いについてお話します。

窯業系サイディングは耐火性、加工性に優れ、金属系より色や柄の種類が豊富な上、

安価でコストパフォーマンスが良く、幅広いデザインができます。

しかし、コーキングや塗装の補修などの定期的なメンテナンスが必要です。

 

張り方は柄にもよりますが、縦と横を組み合わせて張ることが多いです。

具体的に縦張りはコーキング箇所が少ないのでメンテナンス費用削減に繋がります。

一方、横張りはサイディングの種類が多く、好みのデザインが選べるといった特徴があります。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

金属系サイディングは耐久性、断熱性に優れ、素材自体が軽いので家への負担を軽減できます。

他の外壁材と違い、長尺加工ができ、継ぎ目を少なく施工できるので金属のラインを邪魔しません。

 

張り方は縦張りだとラインが上下へきれいに伸びスタイリッシュな印象を与え、
横張りは重厚感のある雰囲気を与え、カッコイイデザインになります。

他にも、こちらは左から金属系サイディング、塗り壁、ウッドサイディングで外壁材を分けており、質感の違う異素材の組み合わせはそれぞれの素材が映えオシャレに見えます。

 

 

外壁は家の第一印象です。色や柄はもちろんですが、耐久性やメンテナンス性なども踏まえ選び、
目標の外観イメージに合わせた色・柄・張り方を選んでみてはいかがでしょうか?